• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

ニュース

ペトロベトナム代表団がシンガポールとラオス人民民主共和国を訪問

2022年11月10日、グエン・フン・ズン取締役が率いるペトロベトナム代表団がシンガポールのセムコープ・グループを訪問しました。

代表団にはペトロベトナム・テクニカルサービスコーポレーション(PTSC)のレー・マイン・クオンCEO、ペトロベトナムの電力および再生可能エネルギー部門の役員およびPTSCの役員が参加しました。両国の外交使節側には駐ベトナム・シンガポール特命全権大使のジャヤ・ラトナム氏と、在シンガポール・ベトナム大使のマイ・フオック・ズン氏、またシンガポール政府代表としてラルフ・フーン氏(シンガポールエネルギー庁副局長)とレオ・レイ・メイ氏(シンガポール産業貿易省長官)が出席しました。パートナー側はセムコープ・インダストリーズのウォン・キム・インCEOをはじめセムコープ・インダストリーズ・グループの各役員がペトロベトナム・グループの代表団を迎えました。


本社での作業セッションの概要。


パートナーのセムコープ・グループは都市およびエネルギーソリューションの主要プロバイダーで、ベトナムにおいて過去25年間に一定の成功を収め、ベトナムの各地に12のベトナム-シンガポール工業団地(VSIP)を持つという印象的な数を誇っています。ベトナムとシンガポールは近年、多くの分野で広範な協力関係を築いてきました。エネルギー協力に関しては、再生可能エネルギー源の開発、国境を越えた電力取引、水素やアンモニアなどの低炭素ソリューション、エネルギー貯蔵システム (ESS)、スマート電気ネットワークなどです。そのほかに、ベトナムでのLNGバリューチェーンとLNCインフラプロジェクトの開発に支援・参画しています。

会議では、グエン・フン・ズン取締役が60年以上の設立と発展の歴史を持つベトナム石油・ガスグループについて紹介しました。石油処理・ガス産業・電気産業と高品質の石油技術サービスなど五つの主な分野での事業を行い、ベトナムの主要な経済グループとしての地位を常に維持し、国家のエネルギー安全保障を確保し、ベトナムの発展に重要な貢献をしています。

PVNの子会社であるPTSCは変化するトレンド、エネルギー、クリーンエネルギーに沿って、国内および国際的な石油およびガスプロジェクトの実施において豊富な経験を持つ、ベトナムの主要な石油およびガス技術サービス企業です。 PTSC は再生可能エネルギー、風力、太陽光などのクリーンエネルギーに関するプロジェクトに積極的に参加しています。30年以上の設立と発展により、PTSCは信頼できる潜在的なパートナーとして、国内外の顧客から高く評価されているプロジェクトに参加するのに十分な能力と経験を持っています。

ベトナムとシンガポールの50年にわたる良好な関係の伝統に基づいて、ぺトロベトナムとセムコープはエネルギー分野における新たな協力の可能性と機会について友好的かつオープンな交流を行っており、ぺトロベトナムの子会社PTSCがセムコープ・グループとの協力イニシアチブの実施を任されました。

両当事者の証人の下、セムコープ・コーポレーションとPTSCは再生可能エネルギー源の開発、国境を越えた電力取引、水素やアンモニアなどの低炭素ソリューション、エネルギー貯蔵システム、エネルギー、スマート グリッド、ベトナムでの LNG チェーンおよび LNCインフラストラクチャ・プロジェクトの開発に支援と参加に関する覚書に署名しました。 

調印式に出席し、スピーチを行ったグエン・フン・ズン取締役は、今日のMOUの調印が今後二つのグループ間の協力を発展させるための前提を作り出すと述べました。これは、二つのグループとその子会社間のエネルギー分野での協力の可能性を将来的に探るという決意をさらに裏付けるものです。ぺトロベトナムとセムコープ間の今日の協力は二つの事業間の協力を表すだけでなく、ベトナムとシンガポール間の外交関係確立50周年、戦略的パートナーシップの確立10周年にも貢献すると強調しました。

会議の最後に、べトロベトナムグループ代表団はセムコープ本社で、世界各国におけるセムコープの再生可能エネルギープロジェクトの情報管理エリアを訪問しました。ここでは、セムコープ・グループの役員が世界中の多くの国で実施しているプロジェクトについて紹介しました。

2022年11月11日から11月12日まで、べトロベトナムグループ代表団はラオス人民民主共和国を訪問しました。代表団に出席したのはベトナム石油公社(PVOIL)のゼネラルディレクターであるドアン・ヴァン・ニュオム氏、ニソン石油精製所流通支店 (PVNDB)のディレクターであるファン・キエン・アイン氏、および PVOILとPVNDBの他の部門/部の幹部でした。

べトロベトナム・グループ代表団はベトナム石油公社主催の「ニソン製油所からラオスへの石油製品の輸出に関する会議」に出席しました。PVOILLao と PVOIL Lao Trading のリーダーが、ビジネスの状況、困難と問題、推奨事項と解決策について報告しました。グループのリーダーを代表して、代表団長は過去に二社(PVOIL LaoとPVOIL Lao Trading)が直接達成したPVOILの取り組みと業績を認めました。 

代表団は多くの事業所、石油貯蔵所を訪問し、ラオスの首都ビエンチャンにある PVOIL Lao と PVOIL Lao Tradingの二つの会社の本社を訪問しました。グエン・フン・ズン取締役も訪問し、ここで働く両社の役員と従業員を激励しました。


文:ベトナムフォトジャーナル


Top