• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

ニュース

ベトナムにおけるガン治療が世界医学の進歩に接近しつつ

11日、ホーチミン市で、「ガンの診断・治療の進歩」に関するセミナーが行われました。席上、がん治療を専門とするK病院の代表は、「ベトナムにおけるガン治療の技術と設備は、近代化され、世界医学の進歩に接近しつつある」と明らかにしました。

実際、この数年間、ベトナムにおけるガン治療に強い病院は、先進的な設備、中でも、世界で最も近代的な定位的放射線治療装置を連続的に整備しており、放射線治療の効果向上を目指す為、新しい治療法を導入しています。

世界保健機関の統計によりますと、2018年に、ベトナムにおけるガンの罹患率は、人口10万人当たり151.4人で、185の地域と国の中で99位、アジア地域においては19位、東南アジア地域では5位に立っています。また、罹患率が最も高いのは、肝癌、肺癌、胃癌、乳癌、大腸癌となっています。
ソース:VOV

チョン書記長 主要指導者との作業会議を主宰

チョン書記長 主要指導者との作業会議を主宰

18日午前、ハノイでベトナム共産党第13期中央委員会第9回総会の閉会セッションに続いて、グエン・フー・チョン書記長が主要指導者と作業会議を主宰し、最近の国情を評価するとともに、今後の業務展開に関する指導について意見交換を行いました。

Top