• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

ニュース

ぺトロベトナムとマサチューセッツ工科大学が水素バリューチェーン、エネルギー転換に関する経験を共有

10 月 14 日、ぺトロベトナムの本社でベトナム石油ガスグループ (ペトロベトナム) のレー・マイン・フン最高経営責任者はマサチューセッツ工科大学 (MIT) インダストリアル・リエゾン・プログラム (ILP) のディレクターであるチャンジェ・グオ氏と面会し、エネルギー転換と排出量実質ゼロの目標について会談しました。

 

 同会談の様子

同会談にはファム・ティエン・ズン副社長、グループの専門部門リーダーであるベトナム石油研究所のグエン・アイン・ドゥック所長が同席しました。

会議では、インダストリアル・リエゾン・プログラム (ILP)のディレクターであるチャンジェ・グオ氏がグループのリーダーにMITの活動について紹介しました。毎年、MITは約300件の特許を取得しており、25のスタートアップ企業があります。MITによるビジネスの総収入は毎年、最大22兆ドルです。

チャンジェ・グオ氏はまた、企業が世界の最新技術の傾向を常に把握し、技術によって解決する必要性のある問題が要求できるように、企業をグローバルに接続する ILPプログラムについても紹介しました。

双方はエネルギー転換の傾向について意見を交換し、特に水素のバリューチェーンに関する経験を共有しました。2030年までのNZEシナリオのロードマップは省エネ、再生可能エネルギー、電化という重要な柱に基づいています。2030年以降、世界のエネルギーはバイオエネルギー、水素、および水素ベースの燃料に基づくものになります。

ベトナムの2030年までの国家エネルギー開発戦略と2045年までのビジョンにおいても再生可能エネルギー、新エネルギーの開発に重点を置いていることを強調しています。2030年までのエネルギー部門の排出削減目標は5,5%と16,7%(国際的に支持されている)であり、特に、ベトナムのCOP26での2050年までの排出量実質ゼロに対する公約があります。 

さらに、気候変動の緩和、グリーンでクリーンなエネルギーの開発、および持続可能な開発に関するベトナムのメ​​カニズム、政策、コミットメントは世界の一般的な傾向にますます近づいています。したがって、化石燃料および化石燃料製品 (ガソリン、石油、ガス、石炭) の需要は2030年以降減少します。

 ぺトロベトナムは2045年までのビジョンを持った2030年までの戦略を構築しており、エネルギー転換の傾向は避けられません。このような状況で、グループは再生可能エネルギーにもっと注力する必要があり、洋上風力発電の開発はペトロベトナムの長い海岸線とインフラストラクチャを活用するための主要な開発の焦点の一つです。

 レー・マイン・フンCEOはMIT が提起したペトロベトナムの現在の課題を解決し、エネルギー転換とエネルギー・プログラムの傾向に応じて将来の需要を予測できる問題を高く評価しました。

今後、双方の指導者はエネルギー分野のトレーニング内容について引き続き議論し、同時に、新しい状況でのグループの発展をサポートするために技術トレンドを更新および予測をするMITのILPプログラムへのペトロベトナムの参加を検討します。


Báo ảnh Việt Nam/TTXVN

ベトナムの映画『クーリーは決して泣かない』 第74回ベルリン国際映画祭で最優秀新人作品賞を受賞

ベトナムの映画『クーリーは決して泣かない』 第74回ベルリン国際映画祭で最優秀新人作品賞を受賞

世界三大映画祭の一つである第74回ベルリン国際映画祭の授賞式が24日(日本時間25日)開かれ、最優秀新人作品賞に相当する「最優秀初長編映画賞」にベトナムのファム・ゴック・ラン監督の「クーリーは決して泣かない」が選ばれました。

Top