• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

芸術

「Loong Koong」洗練された現代陶芸インスタレーション芸術

伝統から今日の社会的現実の反映までをテーマにした陶芸展「Loong Koong」がVincomアートセンター(ハノイ)で開催されました。二人の芸術家チン・ヴー・ヒュウ(Trinh Vu Hieu)とブイ・コック・カイン(Bui Quoc Khanh

ファン・カム・トゥオン研究家は、陶磁器は人類の文明全体に広く普及している古代の伝統的な素材であると述べました。スーザン・クール女史が「人類の歴史は陶磁器を通して語られることが多い」と語っているように、土質の多様性と時空を超えた陶器の加工技術により、陶器は歴史の証人となりました。しかし、陶磁器は常に手工芸の伝統と関連付けられてきました。アートとクラフト、ハイアートとローアートの議論が行われるようになったのはここ数年のことであり、陶磁器と工芸材料の新たな復活の流れは、現在的なアートの風景全体に変化をもたらしました。

Loong Koong」陶器の破片がぶつかり合う音は、二人の革新的なアーティストの偶然の出会いです。展覧会「Loong Koong」は、アーティストのチン・ヴー・ヒュウとブイ・コック・カインの偶然の出会いから始まりました。ブイ・コック・カインは学習者および実験者として初めて陶器にアプローチし、チン・ヴー・ヒュウは長年の経験と蓄積された知識を持ち、アーキビストであり、ストーリーテラーでもあります。これは、展示スペースのLoongKoongの二つの場所で表現され、現代アートに移行する伝統的なアートのメタファーとして象徴されています。すべては時空と列を非線形に織り交ぜられ、融合しています。



展覧会Loong Koong」でオープニングスピーチをするファン・カム・トゥオン研究家。


純粋なベトナムの歴史的物語を様々な方法で伝えたいと考えている情熱的なアーティストのチン・ヴー・ヒュウ。


現代的なキャラクターの陶器を作成するアーティストのブイ・コック・カイン。

これは限られた壊れやすい構造であるため細部に至るまで細心の注意を払った作業で命を吹き込む。




陶芸作品に美しさを増幅させる微妙な光の使い方。


作品を際立たせている入念に配置された展示スペース。




多くの来場者が訪れた展覧会Loong Koong」。

二人の芸術家チン・ヴー・ヒュウとブイ・コック・カインの作品を結びつけるのは、おそらく民俗と伝統的な素材への強い愛と情熱、そして国民のアイデンティティと歴史に関する大きな問いかけです。一見、非常に異なる二つの世界観を通じて、伝統的な価値観や民俗的なインスピレーションが、アーティストによる50点の作品のシリーズに豊かで、かつ多様に表現されています。

アーティストのチン・ヴー・ヒュウは陶製の​​花瓶のモチーフと、ハン・チョン絵画の美学と形に忠実であり続けています。彼の陶芸作品は古代からの精神生活における神々の物語であり、空間の壁を取り除いて密接に語られています。特に、伝統的な絵画はそれぞれ持続可能なセラミック素材で描かれ、異なる視覚効果を生み出し、作品を見たすべての人に興味深く、魅力的な体験をもたらします。

アーティストのブイ・コック・カインは花瓶の基本的な形を取り除き、それらを素材や特殊効果と組み合わせて、現代世界のキャラクターのまったく新しい表現を作成しようとしました。彼の陶芸作品の印象的な特徴は、数え切れないほどの細部が層に分割された細心の注意、形の連続した要素、完全に異なる色でありながらベトナムアイデンティティが染み込んでいることです。


アーティストのチン・ヴー・ヒュウとブイ・コック・カインの二つのシリーズの作品で、陶芸展「Loong Koong」は古い価値観と新しい価値観が共存する現代のベトナム文化と社会の文脈そのものを反映しています。

展覧会「LoongKoong」に展示された作品:














 
 

文:ガン・ハー

 

写真:チャン・タイン・ザン

米の絵画で描くベトナム

米の絵画で描くベトナム

グエン・ティ・ヴァンさん(ハノイ市ソク・ソン)は新しくユニークなアート製品を作りたいと思い、米粒を使ってベトナムの国と人々の美しさを称える絵を描くことに励んでいます。

Top