22/06/2017 11:10 GMT+7 Email Print Like 0

Rubik Zoo

ベトナムのホーチミン市のタオカムヴィエン(草禽園)の中に、動物と緑の林の中にあるRubil 動物園には娯楽を楽しむ姿と商業のブロックが結びつけられる。
面積が5千平方メートルの中には300のブースがあるRubil Zooの娯楽施設は、古いコンテナと天幕で作られている。これはタンフー区にあるIco Boxコンテナ市場に次ぎ、フー・ホアン・ザ会社のホアン・トァン・アイン社長の第2番目のアイディアである。

ホーチミンでコンテナからオフィス、喫茶店などを作ることを思いついたホアン・トァン・アイン社長はホーチミン市の中心に、大きな規模でコンテナでショッピングセンターを設立した。

アイン社長はコンテナでショッピングセンターを作ることのメリットは簡単なデザインと短時間で組立られること、又、再利用できることである。そのため、Rubil Zooは多くの若者が集まり、ここでスタートアップのアイディアを実施する。



毎日午後5時から10時まで開くRubik Zoo


フエ風の店舗


古いコンテナから設立された店舗


日本風のベトナム食のキオスク

ここの印象的なコーナー

コンテナの上にある喫茶店の紫の机

記念写真を撮る若者

Rubil Zooにあるコンテナの中の喫茶店で雰囲気を味わう若者たち

Rubil Zooでコンテナがは小さく、簡単な店舗になった。特に、それぞれの店舗のオーナーはビッグ・ベン、ロンドン橋などの世界のシンボルをデザインした。

他は、Rubil Zooはアメリカ、タイ、日本などの景色のような
背景があるスタジオを設立した。そのため、ここは普通のショッピングセンターと違い、多くの観光客の関心が集まる。

開いたばかりRubil Zooは週末には、延べ5千人~1万人の客を集客する。

将来、ホアン・トァン・アイン社長も観光会社と協力し、より多い外国人の観光客にRubil Zooを紹介していくと述べた。

文:ソン・ギア
撮影:ダン・キム・フオン

他の記事