22/11/2020 17:29 GMT+7 Email Print Like 0

RCEPの展開に関する政府の行動計画を作成

商工省の代表はこの協定の締結はベトナム企業が参加する地域内のサプラインチェーンの強化と共に、安定した輸出市場を開拓するチャンスであると強調しました。
19日午前、商工省は記者団に対し、先頃行われた第37回ASEAN首脳会議と関連各会合の際に締結されたRCEP=東アジア地域包括的経済連携協定がもたらすチャンスと試練について紹介しました。
商工省の代表はこの協定の締結はベトナム企業が参加する地域内のサプラインチェーンの強化と共に、安定した輸出市場を開拓するチャンスであると強調しました。
商工省所属輸出入局のグエン・カム・チャン副局長は次のように語りました。

「RCEPがもたらすチャンスは共通の原産地規則から得られるものです。RCEP加盟諸国の中で、ベトナムの大量の原材料を使用する国々もあることから、ベトナムの多くの製品が関税引き下げの対象となります」
RCEPがもたらす利益を十分に活用するため、ベトナム企業はこの協定の公約をきちんと研究する必要があります。一方、商工省はこの協定の展開に関する政府の行動計画を作成するとしています。
ソース:VOV