24/09/2020 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

EUに126トンのJasmine 85香り米を輸出

在ベトナム欧州連盟代理にベトナムの香り米を紹介する
レー・コック・ゾアン(Le Quoc Doanh)農業・農村開発省副大臣。
撮影:タイン・サン(Thanh Sang)-ベトナム通信社
 






























9月22日に、アン・ザン(An Giang)省、トォアイ・ソン(Thoai Son)郡においては、アン・ザン省人民委員会と農業・農村開発省はEU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)に基づいて、欧州にジャスミン(Jasmine) 85香り米を輸出する公布式を開催した。
126トンのジャスミン(Jasmine) 85香り米は2020年9月に、欧州に輸出する予定である。

ロック・チョイ(Loc Troi)株式会社は、欧州市場に、製品をJasmine 85米、Japonica DS1米。OM18米、OM5451米などの1万トンの米を輸出した。ジャスミン(Jasmine) 85香り米を輸出する公布式に、スピーチをするとき、レー・コック・ゾアン(Le Quoc Doanh)氏-農業農村開発省副大臣によると、EVFTA協定はベトナムの農産製品が5億人の人口があり、15兆米ドルのGDPがある欧州市場に輸出されるチャンスを与える。


2020年8月1日からEVFTA が効力があることはベトナム輸出することによい条件を作り、輸出市場を多様化することを援助する。

アン・ザン省は米、バサ、野菜、果樹を生産する強みがある。毎年に、アン・ザン省は63万ヘクタールの稲を上、3百万90万トンの稲を収穫する。アン・ザン省は全国の最大数量の米を生産する省の第2位にランクされ、国内外の米に関する要求にこたえる。現在、アン・ザン省の米輸出市場は日増しに拡大される。いままで、アン・ザン省の米は39カ国・領地に輸出され、その中に、アジア市場に大きなシェアをしめ、80%のアン・ザン省の輸出される米の生産高はアジア市場に輸出される。
この数年間に、アン・ザン省は米、稲を植えることの質を高めるために、生産することに、科学進歩を応用し、ベトナムの国際基準に従って、稲、米を生産し、市場の要求にこたえるために、有機的な米を植える傾向がある。
現在、よい質がある稲、香り稲を植える面積はアン・ザン省の稲を植える面積の75%を占める。
チャン・アン・トゥー(Tran Anh Thu)アン・ザン人民委員会副会長によると、市場の要求にこたえるために、2016年から、アン・ザン省は2万2千ヘクタールの面積で、SRP 基準に従って、稲を植えることを実現してきた。


チャン・アン・トゥー(Tran Anh Thu)アン・ザン人民委員会副会長によるとEVFTA協定はベトナムによいチャンスを与え、輸入市場の高い要求にこたえる基準に達する稲を植えることであるチャレンジを与える。将来、私たちはベトナムは国際基準に従って、稲を引き続き植える。

文、写真:ベトナム通信社・VNP