30/06/2018 11:45 GMT+7 Email Print Like 0

DOCの履行を討議する第15回ASEAN・中国SOM

27日、中国の湖南省で、ASEAN=東南アジア諸国連合と中国は、第15回SOM=高級実務者会合を開き、DOC=海上行動宣言の履行を討議しました。ベトナムのグェン・コック・ズン外務次官を団長とする代表団がこれに参加しました。

席上、参加者らは、DOCの実施状況について意見交換をすると共に、ベトナム東部海域、いわゆる南シナ海の平和・安定のための協力対話の維持に対するDOCの遵守の重要性を強調しました。

会合で発言に立ったズン外務次官は、「領有権紛争中にある幾つかの海域での人工島の造成、軍事拠点化などの活動はDOCの原則に逆行し、COC=海上行動規範の作成に関する交渉を妨げている」との懸念を表明し、COC交渉に有利な環境を作り出すために、関連各国に対し自制して、現地情勢を複雑化させる諸活動を止めるよう呼びかけました。
ソース:VOV