06/03/2019 11:05 GMT+7 Email Print Like 0

CSAGAのグエン・ヴァン・アイン社長、平等権と闘う

この20年間、不幸な人々の意識を変えさせる性‐家族‐女性‐未成年について研究と応用科学センター(CSAGA)のグエン・ティ・ヴァン・アイン社長は、社会で暴力を受けている社会的弱者、子供たち、女性たちの権利を保護する人であると知られている。
相談心理の過程

1992年、ベトナム国家大学ハノイ人文社会科の文学部を卒業した後、グエン・ティ・ヴァン・アインさんはベトナムの声放送局の記者として働いた。その記者活動の中特別なを体験したグエン・ティ・ヴァン・アインさんの気持ち、考えに良い影響を与えた。



ベトナムフォーブスが選んだ2017年ベトナムで最も影響のある50人の女性リストに入ったグエン・ティ・ヴァン・アインさん


暴力の阻止、愛を育むことについての座談会におけるグエン・ティ・ヴァン・アインさん
(右からの2番目)

撮影:資料



子供への暴力防止セミナーに出席するグエン・ティ・ヴァン・アインさん
撮影:資料


性の平等のプログラムに出席するグエン・ティ・ヴァン・アインさん(右側の一番目)
撮影:資料
 

 

記者として働いた10年間で、グエン・ティ・ヴァン・アインさんは様々な生活がある女性たちと話した。ある時、カウンセリングを受けた売春婦は「誰かが私の手を握り、貴方にも権利があることを話してくれた。もし、それを知っていれば私はこんなことをしませんでした。」と述べた。

ヴァン・アインさんは人が自分の恐怖がある。しかし、その恐怖に対面し、越える力を持つことは誰にもできるわけではない。

ヴァン・アインさんは「人間は、人生の中でショックを受けた時、弱くなり、抵抗力がなくなります。その時、無意識にすべてこと捨て、どうなってもいい。」と述べた。

ヴァン・アインさんは当時困難に直面している人を援助する組織がなかった。ベトナム婦人新聞にある「タインタムさんへの相談」のコラムだけがあった。しかし、タインタムさんへの手紙が多すぎるため、返事が遅くなった。

当時、ハノイは電話を使いはじめた。相談のホットラインの電話番号1080のサービスも設置された。オペレーターは相談を聞くだけでなく、答えにくい質問も多くあった。

ホットライン1080に電話する人は他人の声と励ましの言葉を聞くだけであるので、ヴァン・アインさんは心理相談ホットラインを開設した。

1997年、LinhTam(リンタム)アドバイスセンターが開設され、ベトナム北部の最初の心理相談のホットラインになった。


「CSAGA-罪人さえ愛する」

ヴァン・アインさんは「最初は電話が鳴った時おろおろした。それは罪を認めることと今まで聞いたことがない個人の秘密である」と思い出した。



ヴァンアインさんがおろおろしたもう一つの理由は当時ヴァンアインさんがまだ若く、相談についての経験と知識がまだなかったことである。

ヴァンアインさんは「私は真意を持ってやっています。そのため、誠意と同情心の他、その動機は単純です」

誠意ある心は誠意ある報いを得る。ヴァン・アインさんは社会問題にも関心を持つ同じ考えのある人を募集した。2001年、CSAGAはその人々により設立された。

CSAGAは社会的弱者、子供たち、女性たちの権利を援助し、保護する非政府組織として活動している。



暴力を受けるメンバーがいる婦人クラブの活動に参加するヴァン・アインさん。
撮影:資料



CSAGAのメンバーの指導コースに出席するヴァン・アインさん(右から3番目)
撮影:資料



暴力を受けた女性たちを断ち直させるトレーニングコースの中のヴァン・アインさん(右から3番目)
撮影:資料




CSAGAのパートナーと会談するヴァン・アインさん(右から3番目)
撮影:資料



2017年子供の性的被害防止のセミナーで、記者のインタビューに答えるヴァン・アインさん(右から3番目)
撮影:資料

 

CSAGAが設立された後のヴァン・アインさんとそのメンバーは外国人専門家のコンサルティングコースに参加した。



そのコースを受けてから、電話のベルに、おろおろしなくなった。最も重要な事は効果的で、維持でき社会的弱者を援助する方法を変えた。



適した相手をグループ別に分けた目的は、その方法は徹底して行われ効果的であった。               

CSAGAの目的は、他の組織にないCSAGAのメリットは専門的にグループで活動する。


‐グエン・ティ・ヴァン・アインさんはベトナムフォーブスが選んだ2017年ベトナムで最も活躍した女性50人のリストに入った。
‐2018年、グエン・ティ・ヴァン・アインさんは平等な世界を作り出すために女性と子供だけの情報を掲載するアメリカのWomen's eNewsに21世界の優秀な指導者の21人の一人であると認められた。
CSAGAで働いているメンバーについて、ヴァン・アインさんは「私は効果的に活動できるチームがあるのは幸いです。CSAGA以外の人々からも援助されました。その人々からの愛情のサークルは今も続けられている」と述べた。

文化と社会先入観の様々な要素は相手の認識を変える障害になる。
 


当時、ヴァン・アインさんはCSAGAの核心となるの価値について思い出す。それは「善は悪を消滅するためではなく、悪を変えさせるように生まれた。」ということである。

ヴァン・アインさんにとって、性の平等は女性も男性も自分の権利を互いに理解し、自由に自分の能力を発揮する機会を持ち、互いを発展させるということである。

ヴァン・アインさんは「私の考えは罪を犯す人さえ愛します」と述べた。その確かな目は、ヴァン・アインさんとその同僚は誠意と献身さの2つを守ると述べた。

 

文:タオ・ヴィー
撮影:チャン・コン・

他の記事