22/12/2020 09:55 GMT+7 Email Print Like 0

COVID-19ワクチンをヒトに投与する治験を実施

ワクチンの名前はナノコバックス(Nanocovax)で、ホーチミン市の製薬企業「ナノゲン(Nanogen)」社が開発したものです。
17日、ハノイで、国防省所属軍医学院は新型コロナウイルスワクチンを人に投与する初の実験を行いました。ワクチンの名前はナノコバックス(Nanocovax)で、ホーチミン市の製薬企業「ナノゲン(Nanogen)」社が開発したものです。これまで、200人以上が被験志願者として登録されています。この臨床実験の第1期は来年2月まで行われ、18歳から50歳までの被験志願者合わせて60人が参加します。
ナノゲン社のド・ミン・シR&Dディレクターは次のように話しています。

「今回の実験に期待をかけています。成功すると信じています。保健省と科学技術省の支援により、新型コロナウイルスワクチンが早期に生産できると信じています。」
第1期の臨床実験は主に、ワクチンの安全性を検査しますが、その結果次第、2021年2月から8月に第2期、そして、8月から2022年2月に第3期が行われる予定です。
ソース:VOV