15/04/2020 11:15 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN2020:新型コロナ予防に対するASEAN協力の強化

(VOVWORLD) -会議で、各国の指導者は新型コロナウイルス感染症予防を目指す協力を強化すると同時に、ASEAN地域のダイナミックで持続可能な発展を目指す措置を討議しました。

14日午前、グエン・スアン・フック首相の主宰の下、新型コロナウイルス感染症予防対策に関するASEAN特別首脳会議とASEANと中国、韓国、日本のASEAN+3特別首脳会議がテレビ会議形式で開かれました。会議で、各国の指導者は新型コロナウイルス感染症予防を目指す協力を強化すると同時に、ASEAN地域のダイナミックで持続可能な発展を目指す措置を討議しました。

この2つの会議に先立ち、ASEANのリム・ジョクホイ事務総長は「これらの会議の開催は新型コロナウイルス感染症予防対策に関するASEANとASEAN+3の指導を示すと述べると共に、感染症予防対策に対するASEAN議長国を務めるベトナムの重要な役割を高く評価しました。

シンガポールに本部を置くISEAS=東南アジア研究所のマルコム・クック上級研究員は次のように語りました。

(テープ)

「新型コロナウイルス感染症が拡大している中で、ASEAN議長国を務めるベトナムは3つの利点があります。第一はベトナム政府がASEAN議長国を務める能力を十分に持っているということ。第二はベトナムが東南アジア地域の貧しい国であったから、地域内諸国はベトナムを手本にすることができるということ。第三として、現在ベトナムは他の国々と比べて新型コロナウイルス感染症による被害があまり出ていないため、ASEAN議長国としての任務の履行に力を入れることができます」

ASEANの重要なパートナーである日本はASEAN議長国としてのベトナムの役割を高く評価しています。浅野勝人(あさの かつひと)元外務副大臣はベトナムがASEAN特別首脳会議のテレビ会議を主宰することは新型コロナウイルス感染症との闘いに対するベトナムの重要な役割を示している。ベトナム政府はこの感染症への予防のため効果的な対策を取っている。ベトナムのこれらの対策は他の国々の手本となっていると明らかにしました。

この2つの会議で、各国の指導者は新型コロナウイルス感染症への対応に関するASEAN特別首脳会議の共同宣言とASEAN+3特別首脳会議の共同宣言を採択しました。これを通じて、新型コロナウイルス感染症の撲滅に対するASEANとASEAN+3加盟諸国の強い決意を強調しています。