01/08/2019 10:34 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN外相、アセアン政府間人権委員会と会合

ベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相も参加し、様々な活動を行いました。

タイのバンコクで開催中のAMM52=第52回ASEAN外相会議の枠内で、30日午後、ファム・ビン・ミン副首相兼外相とASEAN諸国の外相らは、アセアン政府間人権委員会の代表と会合を行いました。

席上、外相らは同委員会の報告に耳を傾けた後、2020年の優先プログラムや、2021∼2025年期における作業計画を含む今後のアセアン政府間人権委員会の活動を討議しました。

同日、ミン副首相兼外相は、東南アジア非核兵器地帯委員会会議に出席しました。席上、発言にたったミン氏はASEAN諸国に対し、域内の核安全保障分野での協力を強化し、核兵器と大量破壊兵器拡散防止対策に対する東南アジア非核兵器地帯委員会の役割を向上させるよう提案しました。

これとは別に、この機に、ベトナムのグエン・クオク・ズン外務次官は、インドのビジェイ・タクル・シン外務次官と会見し、両国関係や、インド・ASEAN・メコン河流域との協力強化策などについて話し合いました。
ソース:VOV