04/07/2020 10:44 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN・中国、COCの交渉を早期に再開

(VOVWORLD) - 2日午後、外務省のレ・ティ・トゥ・ハン報道官の主宰により、外務省の定例記者会見が行なわれました。

席上、ハン女史は7月1日、行われたASEANと中国のオンライン協議の結果に関し、取材に応えた際、この協議で、双方は具体的な協力活動について話し合うとともに、できるだけ、COC=海上行動規範の交渉を早期に開催する意向を表明し、DOC=海上行動宣言を完全に実施すると強調したと明らかにしました。ハン女史は次のように語りました。

(テープ)

「協議で双方は『中国・ASEAN戦略的パートナーシップビジョン2030』の展開を基礎に、今後のASEANと中国の協力計画の重要な方向について話し合い、合意を達成しました。その中で、デジタル・エコノミーや質の高い人材の開発を進め、サイバーセキュリティ、自然災害、越境犯罪予防対策で協力を強化していきます。また、双方は新型コロナ対応を目指す具体的な協力活動についても協議しました。中国側はASEANの新型コロナ対応基金と緊急医療設備備蓄倉庫を支援すると確約しました。」

また、先頃、アメリカ国務省人身取引監視対策部は各国の人身売買防止への取り組みを評価した2020年版「人身取引報告書」を公表し、ベトナムの人身取引状況や同問題の防止対策に関するベトナムの取り組みを正確に反映しなかったと明らかにし、次のように強調しました。

(テープ)

「ベトナム政府は安全で秩序ある正規移住を推進する一方、違法移住と人身取引を断固として防止する方針です。これまで、政府はこの方針を実施するため、複数の法律・政策を公布してきました。先頃、グエン・スアン・フック首相は国連の安全で秩序ある正規移住のためのグローバル・コンパクトの展開に関する決定402号に署名しました。その中で移住者の正当な権利と利益の保護、移住の管理作業の効果向上を目指す包摂的な解決策が打ち出されました。」