09/05/2018 09:04 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN・アメリカ合同調整委員会第9回会議が行われる

ベトナムのASEAN=東南アジア諸国連合本部常駐代表団によりますと、先ごろ、インドネシアの首都ジャカルタに本部を置くASEAN事務局でASEAN・アメリカ合同調整委員会第9回会議が行われ、双方関係や協力プロジェクトの実施状況が点検されました。

席上、アメリカの代表は「これまでの外交活動はASEAN地域に対するアメリカの政策と公約を示す」と強調するとともに、今後も、双方は緊密な連携を維持し、双方関係を新たな発展段階に押し上げるよう希望を表明しました。

一方、ASEAN側はアジア地域、とりわけベトナム東部海域(南シナ海)の平和、安定、繁栄に向けて協力を強化すること、アメリカに対しIAI=ASEAN統合構想や2025年までのASEAN 連結性マスタープランの実施やASEANのスマートシティ・ネットワークの構築とサイバーセキュリティを支援し続けるよう要請しました。

また、アメリカは「インド・太平洋戦略」を紹介するとともにASEANの中核的な役割を支持し、ASEANの開発計画を支援していくと確約しました。
ソース:VOV