29/03/2019 10:47 GMT+7 Email Print Like 0

AFC U-23選手権ベトナムがタイに圧勝して予選通過

この試合の直後、グェン・スアン・フック首相、グェン・テイ・キム・ガン国会議長はミーディン競技場でU-23ベトナムサッカー代表と喜びを分かち合いました。
AFC U-23選手権ベトナムがタイに圧勝して予選通過 - ảnh 1
26日、ハノイのミーディン競技場で開催された、AFC U-23選手権2020(兼東京オリンピック1次予選)Kグループの最終戦が行われ、U-23のホームであるベトナム代表がU-23タイ代表を4-0で下して3戦全勝しました。同組首位に浮上して、見事に本大会への出場権を獲得しました。東京五輪の最終予選を兼ねた本大会は、2020年にタイで開催されます。
ベトナムとタイはこれまで2連勝でともに勝ち点6、タイが1位、ベトナムが2位という状況でした。しかし、この大会開催国で成績に関係なく出場権を持つタイに対し、ベトナムは自力で予選突破を決めるために、何としても勝って逆転で首位に立ちたい試合でした。もし2位でも突破の可能性はあったものの、他のチームの結果次第です。
この試合の直後、グェン・スアン・フック首相、グェン・テイ・キム・ガン国会議長はミーディン競技場でU-23ベトナムサッカー代表と喜びを分かち合いました。一方、世界各国のマスメディアは U-23ベトナム代表を率いる韓国人の朴恒緒(パク・ハンソ)監督を始めとするU-23ベトナムサッカー代表の成績をたたえました。スポーツチャンネル「フォックス・スポーツ」はタイに対するベトナムの勝利はゴールデンドラゴンの勝利としました。
このように、2020年にタイで開催されるサッカーU-23アジア選手権に進出する代表はベトナム、タイ、ウズベキスタン、日本、韓国、オーストラリア、朝鮮民主主義人民共和国、中国となっています。
ソース:VOV