23/09/2021 10:38 GMT+7 Email Print Like 0

ADB、ベトナムの中・長期経済の展望を楽観視する

22日、ADB=アジア開発銀行は、「アジア経済見通し(ADO)」を発表し、ベトナムの経済状況や、アジア地域における発展途上国の2021年の経済成長予測を出しました。
ADB、ベトナムの中・長期経済の展望を楽観視する - ảnh 1写真提供:ADB
ベトナムの経済状況について、ADBベトナム事務所のアンドリュー・ジェフリーズ所長は次のように認定しています。


「2021年は、ベトナムにとって試練の年です。経済成長は、2021年前半に貿易活動が拡大されたため、改善されました。しかし、4月末に発生した新型コロナウイルス感染症の第4波は、経営活動や労働市場などに被害をもたらしたため、2021年後半の経済は減速する可能性があります。そこで、2021年のGDP成長率予測を3.8%下方修正しました。2022年通年のGDP成長率は6.5%に改善すると予測されています。」
アンドリュー・ジェフリーズ所長はさらに、「中長期的に見て引き続きベトナム経済を楽観視している」と明らかにしました。
なおアジア地域の経済見通しについて、ADBは、アジア地域における発展途上国のGDP成長率が7.1%に達すると予測しました。
ソース:VOV