03/09/2015 09:42 GMT+7 Email Print Like 0

8月革命、ベトナムと世界の平和愛好者の誇り

ベトナムの8月革命が成功してから70年が経ちましたが、国際世論はこの革命の勝利を高く評価しています。ベトナムの8月革命の勝利は単にベトナムの勝利であるだけでなく、世界友人の誇りでもあります。ハノイ国家大学の元教師であったドラス・ジャルディン歴史学者は次のように評価しました。


「1945年8月革命勝利は極めて大きな意義を持っており、世界における他の国々の民族解放闘争の輝かしい手本となっています。8月革命の勝利は東南アジア地域、並びに、全世界に波及的影響を与えており、他の民族が立ち上がり、植民地主義に抵抗することを鼓舞しました」
一方、アジアアフリア団結委員会情報委員会のファグリ・ラビット委員長は次のような見解を示しました。


「8月革命の勝利はベトナム並びに世界の勝利です。当時、ベトナムは植民地化による民族の輝かしいモデルとなりました」
毎年、9月2日になると、ベトナム全国民9千万人だけでなく、世界友人もベトナムの独立記念日を楽しく迎えています。先ほどの歴史学者ドラス・ジャルディン教師は次のように語りました。


「9月2日はベトナム民族の誕生日と言えます。更に、この日は様々な意義を持っています。当時、ベトナムは植民地主義者から勝利を得た東南アジア地域における初めての国家です。ベトナム国民がそんな成果を誇りに思うのは当然のことです」

1945年9月2日、ホーチミン主席はベトナム民主共和国を誕生させる独立宣言を読み上げました。この出来事は独立、平和、幸福に向けてのベトナムの一人一人の憧れを表すものでもあります。
ソース:VOV