21/01/2020 10:34 GMT+7 Email Print Like 0

2020年 13万人の労働者を海外へ派遣

ベトナム労働傷病軍人社会事業省は、2020年に、13万人の労働者を海外へ派遣するという目標を掲げており、その中で、主な派遣先の国と地域は日本、台湾、韓国、ドイツであるとしています。
この目標を実現させるため、同省は、労働者海外派遣法の改正を進めるとともに、労働者とこの分野に従事する企業に関連法を理解してもらう方針です。また、労働者の職業訓練や、労働環境のいい派遣先での市場開拓の促進などを目指すとしています。
なお、現在、約65万人のベトナム人労働者が、40の国と地域で働いており、その中で、最も多いのは日本で、それに次ぐのは台湾と韓国です。
ソース:VOV