14/01/2020 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

2020年のASEAN議長国:連結と主体的な適応に向けて

先頃、フアム・ビン・ミン副首相兼外相は「2020年のASEAN議長国:連結と主体的な適応のためのASEAN」をテーマとした記事を執筆しました。

記事は「2020年1月1日、ベトナムは2020年のASEAN議長国に正式に就任した。2020年、ベトナムはASEAN議長国を務めながら、2020年~2021年の国連安全保障理事会非常任理事国を務めることから、地域と国際の場における自らの地位を向上させるための多くのチャンスがあると報じています。

また「ベトナムが2020年のASEAN議長国のテーマを「連結と主体的な適応のため」をテーマとしたことは団結がASEANの持続可能な発展を左右するものであると強調したい。ベトナムは2020年のASEAN議長国としての任務を立派に果たし、2025年のASEANビジョンの実現に貢献すると伝えました。

ミン氏は記事の中で、「ベトナムは2020年~2021年の国連安全保障理事会非常任理事国を務めることを通じて、地域と世界におけるASEANの中心的な役割を確立させることを望んでいる」と述べました。
ソース:VOV