28/12/2018 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

2019年履物の輸出総額を215億ドルに

繊維製品や履物の加工注文が中国からベトナムへシフトしている傾向があります。
26日、ハノイで、ベトナム皮革・履物・バッグ協会は、2018年の活動を総括し、2019年の計画を定める会議を開きました。会議で発言にたった同協会のファン・ティ・タイン・スアン事務局長は、2019年の履物の輸出総額を215億ドルにするという目標を明らかにしました。

スアン事務局長によりますと、ベトナムの履物の輸出市場で需要が高まっており、その中で、中国が繊維製品や履物の生産からハイテク分野へシフトしていることから、繊維製品や履物の加工注文が中国からベトナムへシフトしている傾向があります。これは、2019年に発効されるCPTPP=包括的かつ先進的な環太平洋経済連携協定とベトナムEU自由貿易協定のメリットを活用するために前もって準備する動きであると見られています。
ソース:VOV