22/09/2021 20:54 GMT+7 Email Print Like 0

工業団地で事業活動を行う企業の困難解決

20日午前、ハノイで、レ・バン・タイン副首相は「工業団地、経済区、輸出用加工区、ハイテクパーク、工業区で事業活動を行っている企業の困難解決」をテーマとしたオンライン会議を主宰しました。 工業団地で事業活動を行う企業の困難解決 - ảnh 1会議の様子 計画投資省によりますと、新型コロナウイルスの影響で、各企業は多くの困難と試練に直面しています。特に、工業団地などで事業活動を行っている企業はグローバルのサプラインチェーンの途絶えにより、注文の延期と取り消しのせざるを得なくようになったということです。計画投資省のグエン・テイ・ビック・ゴック次官は次のように語りました。 「各企業が安定的な生産活動の維持に便宜を図るため、新型コロナウイルス感染症予防対策を臨機応変に実施します。今後も、社会的距離措置も小規模で柔軟に展開する必要があります。また、物品の流通がスムーズに行い、途絶えられているサプラインチェーンを克服します。企業の生産コストの削減や外国人の専門家の入国を始め、労働力の不足に関する困難の解決を支援します」 会議で、タイン副首相は各企業に対し、生産活動の再開計画を作成すると共に新型コロナ禍における労働者の安全確保を目指す対策を行うよう提案しました。 ソース:VOV