29/04/2020 10:30 GMT+7 Email Print Like 0

WHOテドロス事務局長「パンデミックは決して終わっていない」

(VOVWORLD) - WHO=世界保健機関のテドロス事務局長は、新型コロナウイルスのパンデミック=世界的大流行について終焉には程遠いとの認識を示しました。
テドロス事務局長は27日の記者会見で、アフリカや東欧、南米などで感染者が増加傾向にあるとしてパンデミックは終わっていないとの見解を示しました。その上で、これらの地域では検査が十分に行うことができないため感染者や死者の数が実際よりも少なく報告されていると懸念を表明しています。

WHOは感染が拡大しているアフリカなど各国へマスクや防護服などを送るなど支援を続けるとともに、今週中にも新たな対策プログラムを立ち上げたいとしています。