15/03/2020 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

WHO、新型コロナ予防対策で、ベトナム全国民の協力に深い印象を持つ

14日午前、ハノイで、グェン・スアン・フック首相はベトナム駐在WHO=世界保健機関のKidong Park代表と会見を行いました。

会見で、フック首相はベトナムの政策のコンサルティングと技術支援に対するKidong Park代表を始め、WHOの貢献を高く評価しました。フック首相は新型コロナウイルスの感染症予防対策に関して、「ベトナムはこの感染症の予防を主体的、かつ、断固とした措置を取っており、この作業に軍隊、公安部隊など社会全体の力を動員している。

また、ベトナムはこの感染症の予防対策と経済社会発展を両立させていると明らかにしました。

一方、Kidong Park代表は新型コロナウイルスの感染症予防対策に対するベトナムの主体性と断固とした措置を高く評価した上で、ベトナムは依然として安全な目的地であると明らかにしました。

また「WHOは新型コロナウイルスの感染症予防対策に対するベトナム全国民の協力に深い印象を持っている」と述べると共に、今後も引き続きベトナム保健省と緊密に協力して、ベトナムの疫病予防対策で支援し続けると強調しました。
ソース:VOV