12/04/2016 16:34 GMT+7 Email Print Like 0

WB ベトナム経済成長を下方修正

11日、WB世界銀行は、東アジア・太平洋地域の経済状況に関する最新報告を発表しました。

この報告によりますと、ベトナム経済は、国内消費と輸出が拡大したことにより、2014年と2015年に高い成長率を達成しました。2015年の成長率は6.7%でした。しかし、2016年の成長率は6.2%になると予測しています。前回の報告書では、6.5%との予測でした。

ベトナムの経済成長を下方修正する原因は個人需要と投資の成長が減速することにあります。しかし、それでも、ベトナムとフィリピンは依然として、東南アジア諸国の中で最も高い経済成長率を達成する国であるとしています。
ソース:VOV