19/02/2019 11:07 GMT+7 Email Print Like 0

70年間、ベトナム国旗を作り続けるトゥーヴァン村

ベトナム人は祝祭日やテト(正月)の時、国旗を掲げる。しかし、ベトナム国旗を生産する場所を知る人は少ない。ハノイの中心から約30キロメートル離れたハノイ、トゥオンティン郡レーロイ町トゥーヴァン村は、この70年間ベトナム国旗を生産してきた。
トゥーヴァン村の老人によると、昔から、トゥーヴァン村は、刺繍、伝統織物で有名であった。1945年8月、ベトナム抗戦委員会は、8月革命を準備するために、トゥーヴァン村の職人に国旗の刺繍を要求した。
1945年9月2日に、バーディン広場に集まった多くの人々はトゥーヴァン村の職人が作った国旗を手に持った。これまで、トゥーヴァン村の人民たちはトゥーヴァン村の次の世代の数多くの人々が国旗を縫うことを維持することを常に、誇る。


現在、トゥーヴァン村の国旗の生産過程では機械が使用される。生産者は、顧客の要求に応えるため生産時間の短縮と生産高を上げるため機械を導入する。撮影:クアン・ロン(Khanh Long)

トゥーヴァン村の人民たちにより生産される国旗は、良質で美しく人気がある。 撮影:ヴィエット・クオン


トゥーヴァン村の人民たちにより生産される国旗は、良質で美しく人気がある。 撮影:ヴィエット・クオン


祭り、テト、サッカーの応援のイエンとのとき、トゥー・ヴァン村人民たちはベトナム人民の要求にこたえるために、国旗、リボンを生産する。撮影:クアン・ロン


国旗のほかに、トゥーヴァン村の人たちはサッカーの応援のためのリボン、優勝旗を生産する。撮影:クアン・ロン

トゥーヴァン村の若者たちにより国旗作りは維持される。撮影:ヴィエット・クオン


9月2日の国慶節のとき、ドイカン通りの人たちは国旗を揚げる。撮影:ファン・タン


ハノイの祭りのトゥーヴァン村の国旗。撮影:ファン・タン(PhamThang)
長い間に渡り、トゥオンティン郡トゥーヴァン村の人たちは国旗を縫う職業を維持する。経済価値のほかに、村の国旗を縫い刺繍する仕事は伝統的な美しさであり、その中に精神的な意義を持つ。
国旗を作ることは伝統的な職業である。この職業はこの70年間トゥーヴァン村の人民たちにより保存され、村の誇りである。
文、写真:ヴィエット・クオン
、クアン・ロン、ファン・タン
 
他の記事