25/04/2016 14:01 GMT+7 Email Print Like 0

175カ国・機構がパリ協定署名

【時事】ニューヨークの国連本部で開かれた温室効果ガス削減目標の新たな国際枠組み「パリ協定」の署名式は22日午後(日本時間23日午前)、174カ国とEU=欧州連合の代表が協定文書に署名し、閉会しました。
パリ協定を導いた気候変動枠組み条約の締約国・機構の9割近くが署名を済ませた計算。潘基文国連事務総長は記者会見で「次の重要なステップは、協定のできるだけ早い発効を確かなものにすることだ」と述べ、各国に批准を急ぐよう呼び掛けました。
この機に、ベトナム資源環境省のチャン・ホン・ハー大臣は記者団の取材に対し、「パリ協定は2020年以降に発効しますが、現時点で、ベトナムを含む各国に大きなチャンスをもたらしている。これにより、ベトナムは環境に優しいグリーン成長モデルへとシフトするため、安い人件費と天然資源に主に頼っている開発モデルを見直すと同時に、先進各国の気候変動対応に関する経験や技術の導入が図られる」と強調しました。
ソース:VOV