04/08/2020 12:40 GMT+7 Email Print Like 0

114油田―ベトナムの大陸棚外の探索と測量

114ロットはベトナムの大陸棚の北部にあり、クアンチ省から1番近い大陸棚から65km、ダナン市から86km離れたべソンホンである。石油114ロットの契約書は、Eni Vietnam B.Vがマネージャーであり、権利の50%を、ESSAR E&P Limitedが50%を占める。114ロットは探索中である。

新たなな油田を発見した際の笑顔


114ロットにおける KB-2X


 


2019年5月、114-Ken Bau-1Xは開けられ、、深さ3,603mに達し、ドリル掘削の時、原油の反応があった。2020年、114-Ken Bau-2Xは114-Ken Bau-1Xから2km離れ、2020年2月2日に開けられ、深さ3.690mに達した。マネジャーは、ケンバウで炭化水素が多く集まる所を発見した。。114-Ken Bau-2Xの結果で、ペトロベトナムグループは、2020年の原油量の増加生産の計画を立てた。

2019年114-ケンバウ-1Xと114-ケンバウ-2Xの調査結果で、ケンバウ地域をはじめ、114ロットとそのまわりのロットには多くの埋蔵量があることが確認できた。その結果で、Eni Vietnam B.V. và ESSAR E&P Limitedは将来、ケンバウで全体の状況を捜索し、契約書の中のロットでドリルする予定。その後、マネジャーは埋蔵量のレポート、油田を反転するレポートをする。2028年からケンバウ油田は、開拓される予定である。これは114ロットとそのまわりの地区で探索と開拓の重要な基礎であり、電気、ガス、クアンチ省、トゥアティエンーフエ省におけるガスからの製品を発展させることに貢献しする。以上の成功は2020年−2025年任期の第3回ベトナムペトログループの共産党党部大会を歓迎するイベントであり、ベトナム国家のエネルギーの安寧を確保し、ベトナムのペトロの維持可能な発展に、重要な貢献を与えた。
文、撮影:ベトナム通信社