07/03/2020 10:15 GMT+7 Email Print Like 0

韓国研究陣、新型コロナウイルスの抗体を発見

新型コロナウイルスによる感染症の治療に用いる抗体やワクチンの開発に貢献することが期待されています。
韓国化学研究院の研究チームは4日、SARS=重症急性呼吸器症候群とMERS=中東呼吸器症候群の中和抗体が、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質に結合できると発表しました。

スパイクタンパク質とは、コロナウイルスの表面にある先端が大きく膨らんだタンパク質で、ウイルスが細胞に侵入する際に使われるものです。

ワクチンを通じて抗原を注射すると、人体は免疫反応によって抗体を作り出しますが、このうち病原体を無力化する抗体を中和抗体と呼びます。

研究チームは、新型コロナウイルスの遺伝子配列を分析し、SARSウイルスとの類似性を確認したあと、SARSやMERSの中和抗体が新型コロナウイルスにも結合できるかどうかを生物情報学的な分析を通じて予測したということです。

新型コロナウイルスによる感染症の治療に用いる抗体やワクチンの開発に貢献することが期待されています。
ソース:VOV