25/02/2020 10:14 GMT+7 Email Print Like 0

韓国在住ベトナム人の保護作業を展開

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染が韓国で拡大していることを受け、ベトナム外務省はグエン・スアン・フック首相の指示に従って韓国在住ベトナム人の保護作業を展開しています。
在韓国ベトナム大使館によりますと、現在、韓国に在住しているベトナム人は約20万人で、その中で、新型肺炎が急速に広がっているテグ(大邱)に住んでいるベトナム人は8300人で、慶尚北道に住んでいるベトナム人は18500人です。これまで、新型肺炎の感染が確認、または、感染の疑いのあるベトナム人はいないとしています。ベトナム大使館は、緊急な問い合わせ電話を設置するなど、24時間体制の国民保護作業を展開しています。また、在韓国ベトナム労働管理委員会も、ベトナム人労働者を対象に緊急時の問い合わせ電話を設置しています。

ベトナム労働傷病軍人社会事業省所属海外派遣労働管理委員会のグエン・ザ・リエム副局長は、現在、感染が急速に広がっているテグと慶尚北道に住んでいるベトナム人労働者は約4千人であると述べ、次のように語りました。

(テープ)

「在韓国ベトナム労働管理委員会に対し、テグと慶尚北道でベトナム人労働者との連絡窓口を設置するよう求めました。これらの窓口を通じて、この2つの地方に住んでいるベトナム人労働者の状況を把握するとともに、労働者に必要な情報を提供することが狙いです。」
ソース:VOV