20/12/2017 14:22 GMT+7 Email Print Like 0

韓・越に適切な利益をもたらすFTA

19日、韓国の産業通商資源部は2015年12月にFTA=自由貿易協定の合意書が実現されて以来、ベトナムと韓国の貿易取引総額は3年連続増加しつつあると明らかにしました。これにより、現在、ベトナムは韓国の第4番目の貿易相手国となっています。
今年始めから11月まで、両国の貿易取引額は昨年同期比の43%増にあたる588億ドルに達しました。その中で、ベトナム向けの韓国の輸出額は437億ドルにのぼりました。その一方で、韓国向けのベトナムの輸出額は148億ドルに達しています。ベトナムは、韓国に無線通信設備や繊維製品、及び需要製品を主に輸出する一方、韓国から半導体設備、電子部品を主に輸入しました。
なお、韓国の産業通商資源部によりますと、現在、韓国の企業5000社あまりがベトナムで活動を行っているということです。中でも、サムスンやLGの大手グループ、韓国の重工業を中心とした企業グループ斗山(Doosan)メカテックなどがあります。
ソース:VOV