12/03/2021 10:22 GMT+7 Email Print Like 0

青年月間で様々な適切な活動

 ホーチミン市の青年同盟委員会は青年月間の3月に、末端組織の青年委員会と協力し、献血運動や環境浄化、植樹、壁画の創作、児童向けの娯楽施設の設立、困難な状況に置かれている青年向けの家屋の改修、新型コロナ対応の宣伝など様々な適切な活動を展開しています。
新型コロナの影響により、今年の青年月間にホーチミン市の青年同盟委員会は「ボランティア家庭教師のモデル」を展開し、困難な状態にある労働者の子供を対象に学習の支援を目指しています。このモデルの担当者であるレ・ホン・ハオさんは次のように話しました。(テープ)
「今年の青年月間の枠内で展開されるボランティア家庭教師のモデルの新たな点は新型コロナ対応を目指し、オンライン授業を行うということです。マスクや手指用の消毒剤、医療申告など、新型コロナ対応措置を周到に準備しました。適切で有意義な活動を通じて青年同盟員の積極的な参加を働きかけることが狙いです。」
この機に、ホーチミン市の青年同盟委員会はスタートアップに関するシンポジウムや座談会、仕事の選択コンサルタント、新常態(ニューノーマル)での経済発展の手ほどきなどをオンライン形式で行っています。
ソース:VOV