23/03/2019 09:52 GMT+7 Email Print Like 0

青年ボランティアで青年同盟員と対話を行う(更新)

フォン第一書記は「青年同盟中央委員会は2019年を『青年ボランティアの年』とした。これは意義深いテーマである。」と明らかにしました。
ホーチミン共産青年同盟創立88周年を記念して、21日午前、ホーチミン共産青年同盟中央委員会のレ・コク・フォン第一書記はオンラインで、ハノイ、中部ダナン市、南部ホーチミン市の青年同盟員と「社会コミュニティのための青年ボランティア」をテーマにした対話を行いました。
フォン第一書記は「青年同盟中央委員会は2019年を『青年ボランティアの年』とした。これは意義深いテーマである。ボランティア活動に参加することにより、青年同盟員の社会コミュニティに貢献する精神が培われるようになる」と明らかにし、次のように語りました。

「ボランティア活動では各大学の学生はリード役を担っていますが、各高校の青年同盟は高校生がボランティア活動に参加できるように便宜を図っており、これを高校生を評価する科目の一つとしています。学生がボランティア活動に参加するのは必須科目とするのはよいものだと思います」
ソース:VOV