21/11/2019 11:11 GMT+7 Email Print Like 0

集団的経営の効果向上を目指す

20日、政府本部で集団的経済刷新と発展指導委員長を務めるヴオン・ディン・フエ副首相は集団的経済の刷新、発展、効果向上に関する党中央委員会決議の実施を目指す総合的計画作成会議を主宰しました。
席上、フエ副首相はこれまで、集団的経営が困難から脱出し、共同生産組合のおよそ5割が効果的な活動を行い、多くの労働者に雇用を創出してきたとの見解を示しました。フエ副首相は次のように語っています。

「集団的経営の効果を評価するには、共同生産組合の財産、収益だけでなく、政治面、社会面での成果をも基礎とする必要があります。また、経済面では、協同組合の付加価値やコストの軽減、生産性の向上も評価しなければなりません。」
ソース:VOV