06/07/2020 13:54 GMT+7 Email Print Like 0

関東甲信 6日にかけ激しい雨も

(VOVWORLD) -前線と湿った空気の影響で、関東甲信は6日にかけて雷を伴った激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに十分注意するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、西日本から東日本に停滞する前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっています。
このため、関東甲信では6日にかけて雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。
6日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで甲信で200ミリ、関東南部で180ミリ、伊豆諸島で100ミリ、関東北部で80ミリと予想され、その後7日夕方までの24時間に関東南部と甲信で100ミリから200ミリ、関東北部と伊豆諸島で50ミリから100ミリの雨が降り、大雨になるところがある見込みです。
関東甲信では、これまでの大雨で地盤が緩んでいるところがあり、土砂災害の危険性が高まるおそれがります。
このため、気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水とともに落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。(NHK)