10/07/2019 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

銅線で作られる工芸品

銅線の美しさに興味を持つ、グエン・ニャット・ミン・フオンさんは銅線で芸術品を作った。多くの外国の人たちはこの製品に興味を持った。銅線を使った工芸品の製作は、ベトナム人の身体障碍者のために、雇用を生み出した。
13年前に、フオンさんは原料になる銅線を形成する過程で、困難に直面した。しかし、彼女は創造することの難しさとみなした。彼女は現在の特別な銅線の製品を生産するために、自分の望みを実現化した。
最初の時期に、フオンさんの製品はリング、ブレスレット、ネックレスなどの簡単な製品であった。銅線で製品を作る興味と技術で、フオンさんは1時間から2時間掛けて、1つの製品を作る。
彼女の最初の製品は彼女の友達や親戚に贈られた。彼女は自分の製品を彼女の教室で紹介するとき、多くの人々は彼女の製品を褒めて注文した。その後に、アメリカ、日本、フィリッピン、ニュージーランドから多くのお客が製品を注文した。

Umaトレードマークの銅線の製品


















自分の望みを達成するまでかかった多くの年月の後、現在、フオンさんはUma トレードマークを設立した。彼女の製品は多くの外国人のお客に人気がある。
現在、彼女と身体障害者たちは、絵、ジュエリー、装飾品、アクセサリーを製造する。そのほかに、外国市場の要求にこたえるために、外国人の友達と協力している。
フオンさんは仏教と蓮に対する信仰心を持っている。それで、彼女の製品の多くは仏教と蓮に関したデザインがある。フオンさんは製品のデザインの創作を担当する。その後に、彼女と同僚たちは製品を製造する。彼女も現在お客からの注文を受け、風水絵を作成している。
彼女は身障者たちに仕事を与えるために、芸術絵を作ることに決定した。
彼女は「私は身障者の家族を作ることを希望します。それで、私たちは身体障碍者が緩やかな気持ちがあるために、仕事をしながら、勉強しながら遊びます。彼らは自分の可能性を見つけます。最初に、彼らは基本的なことを勉強し、自分の強みを開発できます。」と言った。


師範学部で勉強したグエン・ニャット・ミン・フオンさんは銅線で芸術作品を作る最初のベトナム人である。


原料となるカラフルな銅線。

特別な手工芸品を作る他の原料。

Uma 会社はベトナム人の身障者のために、銅線の手工芸品を作る職業を教える場所である。


良質の銅線の原料。


銅線の手工芸品を作る過程は細かさが要求される。


社員に、銅線の手工芸品を作る方法を教えるグエン・ニャット・ミン・フオンさん。


Uma会社は単純な銅線を特別な手工芸品と変化させた。

フオンさんによると、彼女がShark Uma会社を設立することは、身障者の人たちに銅線の手工芸品の作り方を教え、彼らが経済的に自立でき独自の製品が作れるようにShark Uma センターを設立した。
文:ガン・ハー
写真:トン・ハイ