07/05/2021 09:58 GMT+7 Email Print Like 0

選挙準備作業と疫病対応を両立

6日、国家選挙委員会委員長を務めるブオン・ディン・フエ国会議長は北部山岳地帯トゥエンクアン省を視察しました。 地方行政当局との会合でフエ議長は地元の選挙準備作業が規定に従って科学的かつ創造的に行われたことを高く評価したほか、トゥエンクアン省に対し、国会議員と各レベルの人民評議会議員の候補者名簿を点検し、市民の立候補の権利を確保するとともに、有権者と候補者との会合を行い、候補者の履歴や行動計画の宣伝を強化していくよう求めました。 「国会と各レベルの人民評議会に優秀な人物を選出するため、候補者と有権者との会合に便宜を図るよう情報技術やマスメディアを活用する必要があります。ラジオやテレビに候補者の履歴や行動計画などを宣伝する一方、電子情報ポータルや村、地区の拡声器を効果的な宣伝方法として生かさなければなりません。また、候補者が様々な地域に住む有権者と同時に接触できるよう、インターネットでの配信を検討してください。法律に従って、地元の実状に見合うような形で候補者の選挙運動を支援する必要があります。」 このように語ったフエ議長はトゥエンクアン省の指導部に対し、選挙の準備に際し、疫病対応と経済発展という二重の任務を精力的に実施するよう求めました。 ソース:VOV