13/01/2021 10:40 GMT+7 Email Print Like 0

道徳と才能を兼ね備えた人材を選出

 既にお伝えしましたように1月25日から2月2日にかけて、ハノイで、ベトナム共産党第13回全国代表大会が行われます。大会を控えて、幹部、党員、市民は第13期党中央委員会に戦略的な視点を持ち、インベンション・イノベーションのアイディアに富み、道徳と才能を兼ね備えた幹部が選出されるよう希望を表明しています。
道徳と才能を兼ね備えた人材を選出 - ảnh 1
また、多くの党員や市民は第13期党中央委員会の人事の準備が極めて重要な課題であるとし、党中央委員会が慎重に協議し、投票で決定したことを高く評価しました。ハノイ市、ホアンマイ区に住むある党員の一人は次のように話しました。

「第13期の優れた幹部を選出するため、準備作業は慎重かつ科学的に行われました。これは党建設・綱紀粛正を目指す党中央委員会、政治局、書記局の固い決意を示したと思います。言行一致で、国民の奉仕に全力を尽くす幹部が選出され、はじめて国の建設事業が成功を収めることでしょう。」
一方、国家政治・事実出版社のレ・バン・イエン博士は威信が高く、道徳と才能を兼ね備えた指導者は決定的な要素であるとの見解を示し、次のように語りました。

「道徳と才能を兼ね備えた人材を選出すべきです。これは党大会で常に取り上げられています。今回も、国民のために力を尽くす人材を選出しなければなりません。また、幹部は人民と緊密に連携し、人民に依拠すれば、我々の事業は成功すると信じています。」
人事作業は特別な課題であり、党大会と党の指導、党、及び国の持続可能な発展に密接につながっています。国民は第13期党中央委員会に優れた人材が選出されるとの確信を示しました。
 ソース:VOV