18/11/2019 09:20 GMT+7 Email Print Like 0

輸入農産物 より厳しい技術的障壁に

13日、ホーチミン市で、商工省貿易促進局の主催の下、「ベトナム食品産業国際会議2019」が行われました。
輸入農産物 より厳しい技術的障壁に - ảnh 1 会議の様子
会議で、各国は輸入農産物に対し、より厳しい技術的障壁を適用する傾向があり、中でも、原産地証明に関する規則を厳しくしている現状であるとの意見が出席者の多くから出されました。そのため、農産物の輸出業者の中には、技術的障壁を超えない業者もあれば、商品の質的向上や原産地証明に力を入れることによって輸出市場を拡大させる業者もあります。こうした状況を前に、技術的障壁に対する輸出業者の認識を高めることが重要な課題となっているとしています。
ベトナム計画投資省所属中央経済管理研究所の総合研究部部長グエン・アイン・ズオン氏は次のように語りました。

「政府は、技術的障壁に対する農産物の輸出業者の認識を高めるとともに、輸出業者に技術的支援を行う必要があります。中でも、バリューチェーンや、ベトナムと世界の適正農業規範などに関するアドバイスを提供しなければなりません。」
ソース:VOV