14/03/2017 14:23 GMT+7 Email Print Like 0

越・米国民の友好関係の強化

13日、ハノイで、ベトナム・アメリカ協会のグェン・タム・チエン会長は、アメリカの海外戦争退役軍人協会のキース・ハーマン第一副司令官率いる代表団と会見しました。

席上、チエン会長は「ベトナムにおける戦争後遺症、とりわけ枯葉剤・ダイオキシン、不発弾と地雷の除去に関する問題はまだ深刻な状態にある。これらの問題の解決は両国間の信頼醸成、友好関係の強化に寄与してゆく」と強調しました。
一方、キース・ハーマン氏は「アメリカの海外戦争退役軍人協会は引き続き戦争後遺症の克服に努力し、中でも、ベトナムの枯葉剤被害の克服、及び不発弾と地雷の除去作業を支援してゆく」と強調しました。
ソース:VOV