25/03/2020 09:24 GMT+7 Email Print Like 0

豊作を迎えるハウザン省

現在、南部ハウザン省の農民らは、2019~2020年期の冬春作の収穫シーズンを迎えています。

様々な措置を主体的に展開したため、大多数の稲作は、塩害の影響を受けずに、高い収穫量をあげています。

ハウザン省農業農村開発局のチャン・チ・フン局長は次のように明らかにしました。

(テープ)

「農民たちは、早期に苗を植えたり、遣り水を主体的に備蓄しておきました。その為、今回の稲の冬春作は、収穫量がかなり高くなっています。それに、籾の販売価格も高いですよ。」

なお、ハウザン省における今回の冬春作の収穫量は前期の8千トンの増に当たる58万3千トンに上る予測です。
ソース:VOV