19/11/2021 11:09 GMT+7 Email Print Like 0

証券市場をASEANトップ4に入れる

18日午前、ハノイで新聞「ダウトゥ(投資)」と証券委員会は共同で「証券市場、ビジネスにリソースを拓く・収益性と累積性が高い投資チャンネル」をテーマにした座談会を行いました。
証券市場をASEANトップ4に入れる - ảnh 1
証券市場の統計によりますと、9月30日現在、証券市場の規模はGDP=国内総生産の133%を超えている。証券市場に上場している企業は2133社あり、登録されている投資家の口座はおよそ400万件に達し、その中で年初からの9カ月に新規開設された口座は昨年全体と比べ70%増となりました。
2030年までの証券市場発展戦略と2045年までのビジョンには2025年まで、株式市場の規模はGDPの85%、2030年までにGDPの110%、債券市場の規模は2025年にGDPの47%、2030年にGDPの58%に達するという具体的な目標が盛り込まれています。国家証券委員会のファム・ホン・ソン副委員長は次のように語りました。

「成長の潜在力が高い企業やインベンション・イノベーション企業向けの独特な市場の設立を検討します。これはこれらの企業に対し、スタートアップ段階で成功を収めるため、証券市場の資金へのアプローチを支援するものです。また、新興企業とインベンション・イノベーション企業の投資家へのアプローチや資金調達をも支援し、潜在株式の発行を目指します。」
ソース:VOV