02/08/2020 16:38 GMT+7 Email Print Like 0

蓮の葉に絵を描く

蓮はベトナム人の生活に親しまれた花である。蓮の姿が日常生活により近くなるようにハノイのキエウ・カオ・ズン氏は、普通にある蓮の葉を使い、伝統文化を有する芸術の作品を作った。
蓮の葉から芸術作品になるには、多くの段階がある。各職人の秘訣も必要である。蓮の葉に描く絵は蓮の葉を選ぶこと、染めること、乾燥などの工夫がある。

夏の日に、ズン氏は、タイ湖の周辺に行った。夏は蓮の花が満開である。ズン氏もタイ湖の蓮の葉を使います。その蓮の葉は厚く、色がよく目立つ物です。直接タイ湖に行き、蓮の葉を選ばないと、次の工程に進めません。」と述べた。

ズン氏は一番深いところに生える蓮の葉を選ぶ。その後、蓮をよく洗い、形によって、適当な色に染める。染める色は食品から摂取された色であり、安全で消費者に毒性がない。



観光と日常生活にベトナムの伝統的な文化を蓮の葉で作られた作品を紹介するズン氏。


蓮の葉を、溶液に浸け丈夫にする。


乾燥された蓮の葉


ノン(ベトナム帽子)の貼るために皿状にカットする。


ノン帽子に貼り付ける工程。


蓮の葉にドンホの絵も描く。

蓮の葉は破れ易いため慎重に葉に描く。

多くの若者がズン氏の技術を身につける


外国人の観光者にノンの上に蓮の葉で作られた絵を紹介するズン氏
 

蓮の葉は現代的な技術で乾燥される。最後の段階は難しく、蓮の葉の上で形作られる。

観光に関する仕事をすることで、ズン氏は、ノン、ドンホー絵、書道などベトナムの伝統的な物を蓮の葉と結合するアイディアも出した。蓮の葉からズン氏は、その協力者と多くの伝統的な作品を作り出した。


蓮の葉で作られる作品
















蓮の葉の作品が生まれ、国内外の観光客に高く評価されたことは、ズン氏が蓮の葉の上にベトナムの文化の特徴を持つ作品を作る活動力になる。

文:ガン・ハー
撮影:カイン・ロン