13/05/2021 11:50 GMT+7 Email Print Like 0

英 エリザベス女王 夫の葬儀後初めての外出公務

(VOVWORLD) -ギリスで議会が開会し、エリザベス女王が政府の施政方針を読み上げました。先月行われた夫のフィリップ殿下の葬儀後、女王が外出して公務を行うのは初めてです。

イギリスの議会は、11日、新たな会期が始まり、政府の施政方針を読み上げるため、エリザベス女王が議会を訪れました。

エリザベス女王は、長男のチャールズ皇太子夫妻に付き添われて、議会上院の玉座に座り「政府の最優先課題はパンデミックからの回復だ」などと政府の重要政策について読み上げました。

地元メディアによりますと、70年以上連れ添った夫のフィリップ殿下を先月亡くしたエリザベス女王にとって、外出して公務を行ったのはこれが葬儀後初めてだということです。

イギリス議会での女王の演説は、伝統と歴史が凝縮された議会の一大イベントとされていますが、新型コロナウイルスの感染対策のため、出席者は限定され、規模を縮小して行われました。