17/03/2021 09:19 GMT+7 Email Print Like 0

英国雑誌 ベトナム成長の要因を分析

(VOVWORLD) - 先ごろ、イギリスの週刊投資雑誌「マネー・ウィーク」は記事を掲載し、ベトナムが長年にわたりアジアの有望な市場であり続けていると評価しました。
この記事によりますと、ベトナムは新型コロナウイルス感染症による危機か脱出し、経済を回復しており、2020年、プラス成長を遂げた数少ない国々の一つとなったとしています。
また、記事はベトナムが印象的な成果を収めた理由として新型コロナ対応で政府は国民のコンセンサスと支持を受け、断固たる措置を講じたことを挙げました。これは、ベトナムの投資環境に対する外国の大手企業の信頼を得るための前提条件となっていると分析しています。

さらに、ベトナムは輸出活動とインフラ整備への投資を推進してきました。新型コロナ感染拡大の制圧と経済の開放に取り組んできたきっかけで、2020年、目覚ましい成果を収めました。新型コロナ禍の中でもベトナムは紡績縫製や電子分野への投資誘致や労働者に対する職業訓練などに力を入れてきました。一方、ベトナムはインフラ整備を進め、「人口構造の黄金期」にあることから、長期的に持続可能な成長を遂げ、アジアの最も有望な市場となるであろうとしています。