31/12/2020 10:30 GMT+7 Email Print Like 0

英国メディア、ベトナムのグローバル・サプライ・チェーン参入を評価

28日、イギリスの経済紙「フィナンシャル・タイムズ」はベトナムが複数の新世代の自由貿易協定、中でもベトナム・イギリスの自由貿易協定を締結し、国際基準を満たす製品を生産する可能性があることから、グローバル・サプライ・チェーンで地位を確立していると伝えました。
 同紙は、ホーチミン市駐在イギリス系ファンド運用会社ビナキャピタルの経済専門家Michael Kokalari氏の言葉を引用し、多くの外国企業がベトナムに生産拠点をシフトしつつあり、その中には、アップル社がある。新型コロナの大流行で、多くの国々が封鎖措置を取っている中で、同社は2020年第2四半期、大量のワイヤレスヘッドフォンの生産を開始したと明らかにしました。また、実業界によりますと、ベトナムは新型コロナのパンデミックに主体的に対応しながら、工業団地の建設を進めています。2020年、ベトナムのGDP=国内総生産は2.9%のプラス成長をとげ、世界のトップとなったとしています。
ソース:VOV