16/12/2019 10:38 GMT+7 Email Print Like 0

聴覚障害者へのスタートアップ

ベトナムの聴覚障害者の若者たちが初めてスタートアップモデルとなるために、自分の経営アイディアを現実化させ、社会に意義のある特別な訓練プログラムに参加し、コミュニティから好評価を受けた。
起業に成功した聴覚障害者のドー・ホアン・タイ・アン氏・SC Deaf-記号言語通訳会社社長は自分の経験を若い聴覚障害者に伝え、ベトナムの聴覚障害者がスタートアップする訓練プログラムを主催した。ベトナムで聴覚障害者のスタートアップさせる訓練する講義(Deaf Bootcamp) は彼らが自立し、望みの実現を支援する目標で開催された。
この訓練コースはアメリカの外務省の「科学技術による、世界的な革新プログラム」(GIST)、iHubプログラム、HATCH会社、国民経済大学に属する起業と社会創造センター (CSIE)により支援を受けている。
Deaf Bootcamp 2019は聴覚障害者を教育訓練するプログラムであり、25名の聴覚障害者が自分の経営アイディアを現実化することを支援する。



Deaf Bootcamp 2019聴覚障害者がスタートアップするための訓練プログラム
に参加する25名の若い聾唖者



若い聾唖者に想像力を伝える
グエン・タイ・タイン氏―スタートアップの若者の見本。


Deaf Bootcamp 2019に各若い聴覚障害者と一緒に参加する多くの後援者。

Deaf Bootcamp 2019に参加した各学生は、4つのグループに別れて説明する。新しいプロジェクトを立てて自分のプロジェクトを
実現させるための最初の資金の支援を受ける。


ゲームに関するプロジェクトを説明する第4グループのメンバー。


審査委員たちは各学生のプロジェクトを評価する。

Deaf Bootcamp 2019の楽しい雰囲気。

各グループは、経験のある各専門家により経営方法を指導される。


Deaf Bootcamp 2019 の全ての学生たちは手話を使って会話する。

Deaf Bootcamp 2019 の第1等賞を獲得したグループの喜び。

Deaf Bootcamp 2019 に参加した後、各学生たちは自信と喜びを感じた。


Deaf Bootcamp 2019の最後の日における各学生とDeaf Bootcamp 2019を主催する人々の記念写真

Deaf Bootcamp 2019の訓練コースは、エネルギッシュな雰囲気で8日間行われた。各学生は受講するとき、自信を表現した。各学生は成功に達したCEOにより発想力を伝えられた。
各若者の学生の各プロジェクトは現実性がある。1996年に生まれたチン・ホン・フオン学生、2000年に生まれたグエン・フオン・トゥー学生は喫茶店の経営を望んだ。1993年に生まれたゴー・ヒュイ・ヒエップ学生はファーストフードレストランと映画館の経営を望んだ。2000年に生まれたグエン・ニャット・ミン学生はビューティーサロンの経営を望んだ。1996年に生まれたグエン・ティー・フオン学生はネイルリペア店の経営を望んだ。

CEO,により経営についてカウンセリングされるとき、CEO,に自分たちの発想と積極性を伝えるために、若者の聴覚障害者たちは新しいプロジェクトを持つ各グループを形成し、自分たちのプロジェクトを説明した後、プロジェクトの成功が保証されプロジェクトを実行する際の支援を受ける。

文:ビック・ヴァン(Bich Van)
写真:ヴィエット・クオン