21/03/2020 09:31 GMT+7 Email Print Like 0

聖火到着式を実施 56年ぶり日本開催夏季五輪の火、国内にともる

(sanspo.com) 東京五輪の聖火が20日朝、宮城県の航空自衛隊松島基地に到着しました。同基地での到着式で、トーチと同じ桜の花を模した聖火皿に点火され、日本で56年ぶりに開催される夏季五輪の聖火が国内でともりました。
アテネで採火された聖火を載せた輸送機「TOKYO2020号」は午前9時36分、着陸しました。同11時20分からの到着式では、五輪で3連覇した柔道男子の野村忠宏さん(45)、レスリング女子の吉田沙保里さん(37)がタラップを登り、種火が入ったランタンを受け取りました。タラップを降りると、待ち受けていた大会組織委員会の森喜朗会長(82)に手渡しました。

聖火は今月12日にギリシャ・オリンピアで採火され、19日に日本側に引き継がれました。新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、採火式、引き継ぎ式ともに無観客で実施しました。森会長や野村、吉田両氏らは引き継ぎ式に出席する予定でしたが、直前に現地で検疫が強化されたために断念しました。
ソース:VOV