06/12/2018 10:25 GMT+7 Email Print Like 0

経済成長に新たな原動力

5日、ハノイで、「新たな紀元における経済成長の新たなビジョン・新たな原動力」と題するベトナム改革発展フォーラム2018が行なわれ、グエン・スアン・フック首相をはじめ、国内外の専門家、企業経営者、大学の学長ら500人あまりが出席しました。
経済成長に新たな原動力 - ảnh 1
 これは「ベトナム発展フォーラム」、「ベトナム開発パートナーシップフォーラム」、及び対ベトナム支援国会合を継承したものです。
席上、フック首相は「ベトナムは困難の解決に集中し、成長の促進を目指す3つの突破的な措置を精力的に実施する」と明らかにし、次のように語りました。

「行政改革や経営環境の改善を加速し、市民と行政当局間のインタラクティブを作り出します。また、社会のあらゆる主体が政策の策定に参加できるよう、適切なメカニズムをつくる計画です。さらに、デジタル化や公共サービスポータルづくりを優先課題として実施し、幹部の採用、評価体制を刷新する必要があります。」
このように語ったフック首相はまた、今後、新たな2つの突破的な措置を打ち出し、これらをベトナムの成長の重要な原動力とみなすと明らかにしました。

「これは労働生産性や競争力を向上するためのチャンスとなるでしょう。この間、国内のスタートアップ・インベンション活動はかつてないほど、活発に行なわれています。また、スタートアップ・インベンションに従事し、成功を収めた若い実業家もこれまで最多となっています。これは高い決意を示します。市民、実業家らは支援者の協力を受け、政府と力を合わせ、ベトナム経済を発達した国並みに発展させるため、尽力していきます。」
なお、2019年、政府は2021年から2030年期の新たな発展戦略、2021年から2025年期の経済社会発展計画などを公表するとしています。
ソース:VOV