18/04/2020 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

米FRB、新型コロナ対策の緊急融資で情報開示の準備進める

(VOVWORLD) -米連邦準備制度理事会(FRB)は、新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急融資ファシリティーを巡り、取引情報の開示計画の準備を進めています。

連邦準備制度が明らかにしました。何兆ドルにも上る可能性がある支援策について、透明性を求める圧力が高まっています。

新型コロナ対策で3月27日に成立した2兆2000億ドル(約237兆円)規模の景気刺激法では、財務省に割り当てられた4540億ドルの資金を元手に、FRBがその10倍に相当する4兆5000億ドルの融資を行うことができます。

FRBは企業がロックダウン(都市封鎖)を乗り切るのを支援したり、地方自治体へのつなぎ融資や銀行による中小企業向け融資の提供を後押ししたりする計9つのプログラムをこれまでに発表しました。16日時点でこのうち4つが本格運用されています。

FRBは綿密な報告システム整備の作業を進めていると説明しますが、どの企業が支援を受けたかなど詳細が含まれるかどうかは不明です。パウエルFRB議長とムニューシン財務長官は誰が資金を得たかや、その理由に関して議会の徹底した監視に直面することになりそうです。