21/03/2020 09:31 GMT+7 Email Print Like 0

米で6月開催予定のG7首脳会議 テレビ会議に

(NHK) 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、アメリカのトランプ大統領はことし6月に開催する予定だったG7サミット=主要7か国首脳会議を、ワシントン近郊で行う代わりにテレビ会議で行うことを決めました。

アメリカ政府は、G7サミット=主要7か国首脳会議をことし6月、ワシントン近郊の東部メリーランド州にある大統領専用の山荘、キャンプデービッドで開催する予定でした。

これについてホワイトハウスは、トランプ大統領が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、キャンプデービッドで行う代わりにテレビ会議で行うことを決めたと19日、明らかにしました。

今回の決定についてホワイトハウスは、「キャンプデービッドでのG7サミットに各国は多額の費用や多くの人員を充てる予定だったが、今回の決定によって人員をそれぞれの緊急の目的に充てることができる」と説明しています。

ことしの議長を務めるトランプ大統領は今週にもG7=主要7か国の首脳による緊急のテレビ会議を行っていて、各国の首脳と緊密に連携するため、来月と5月にも同様のテレビ会議を開催する方針だということです。

キャンプデービッドは、アメリカの歴代大統領が個人的に親しくなった外国の首脳をゲストとして招き、打ち解けた雰囲気で会談を行う際などに利用され、オバマ前政権下でもG8サミットが開催されました。
ソース:VOV